注目される食品とパンケーキ

種類と定義

健康食品とひと言で言ってもその種類は多く、定義は曖昧なものも多いのが現状です。
しかし、これは健康食品という言葉の特性もあり特定することはむしろ混乱させる原因にもなりかねませんから、現状の意味だけで十分だと思います。

種類としては、サプリメントと呼ばれる栄養素や抽出物をカプセルや粉末にしたものから、乳製品やお茶など普段の食事の中から摂取できるものまで幅広く存在します。
私たち日本人の健康に対する意識の変化に伴って、国も様々な基準を設けていきました。

1991年に栄養改善法という法律に基づいて新しい制度を設けるのですが、これによって生まれたのが特定保健用食品と呼ばれるものです。
これはいわゆる「トクホ」と呼ばれているもので耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
この特定健康用食品は、データに基づいた審査を受けてそれを通過し政府より許可を得た場合にのみ表記を許されるもので「~が気になる方へ」と効果を期待できる表記をすることができます。

また、キシリトール配合のガムなどに代表される個別許可型の商品もあり、これは商品ごとに審査を受け認可されることで成分表示が許されるものです。
さらには栄養機能食品と呼ばれるものもあり、これは特定健康用食品と違って許可の必要がないのですが、「バランスの良い食事を心がけること」を表示することやその商品によって効果が得られるような表示をすることはできません。

この栄養機能食品は完全な補助食品としての位置にあり、摂取のし過ぎには注意が必要だと言えるでしょう。
また、漢方などの一部医薬品の生薬とは違った西洋ハーブと呼ばれる生薬なるものも健康食品として販売されています。

このようにひと言で健康食品と言っても、種類は色々あり利用も人によって大きく異なってくることが分かると思います。
そして、これらの知識を持っておくことで食品を買う際には少し意識することができますし、何が自分には一番いい利用法なのかを知るきっかけにもなりますからスーパーなどに行った際には少し気にしてみてはどうでしょうか。